廃船処理は高くつく|売却するという選択肢

女の人

業者選びのポイント

船

販売も検討する

プレジャーボートや50フィート程度までの個人所有の漁船を廃船処理する場合は、業者に依頼すると良いです。なぜなら、廃船処理には特殊な手続きが必要なためで、場合によってはトラックによる陸送も考えられるからです。こういった手間や時間を考慮すると、自力での廃船処理は現実的とは言い難く、業者への依頼が良い選択肢といえます。廃船処理を業者に依頼する場合、いくつかの選択肢が考えられます。一つは、その船舶を購入した販売店への依頼です。販売店は船舶の販売はもちろん、廃船時のノウハウやルートを持ち合わせており、スムーズな処理が可能となります。また、船舶を買い取ってくれるケースも少なくないため、一度相談してみると良いでしょう。船舶を購入した販売店の他に、船舶の保管場所に依頼する方法もあります。例えばマリーナや漁港は廃船処理を請け負ってくれるケースがあり、販売店と同様に、一度相談してみると良いでしょう。これら二つの手段は、自身との関係性などを考慮して選択すれば良く、場合によっては販売店と保管場所が同じ事も少なくないでしょう。この他、廃船処理の前に、中古艇販売業者の査定に出す事も検討しましょう。船舶の程度によっては買い取ってもらえる事があり、単純に廃船処理を行うよりもお得に手放す事が出来るのです。仮に値段が付かなくても、引き取ってくれるならば廃船手続きや輸送コストが不要になるので、いくつかの中古艇販売業者に声をかけてみる価値があります。

パソコンの処分

PC

パソコンを処分する際に小型家電リサイクル法が適用されることになり、本来であれば3000円から5000円のパソコン廃棄の費用が発生することになります。しかし正規の処分を行えば処分費用はかからないことの方が多いのです。

都内での不用品処分法

作業員

東京都での不用品処分に利用をお勧めしたいのが不用品回収です。不用品回収は粗大ゴミ回収と違い日時指定が出来るので自分の予定に合わせて処分出来ますし、業者の方が家の中まで不用品を取りに来てくれるので不用品処分のために労力を使うこともありません。そして、買取りも行っているというのも不用品回収の魅力です。

不用品の回収

ごみ

自宅で不用品がある場合、有料処分する前に買い取り可能なのかどうかを不用品回収業者に見てもらいましょう。買い取り可能でお住いの地域に出張対応している業者に連絡して実際に不用品をみてもらいます。買い取り不可ならばそのまま有料回収も可能です。