廃船処理は高くつく|売却するという選択肢

男の人と女の人
  1. ホーム
  2. パソコンの処分

パソコンの処分

PC

家電リサイクル法の対象

家庭で使用しなくなったパソコンを処分するには家電リサイクル法に基づき処分をしなければなりません。パソコンは小型家電リサイクル法に制定された家電商品であり、冷蔵庫や洗濯機、オーディオプレイヤー、携帯電話といった殆どの電気機器が対象となります。家電リサイクル法は適正なリサイクルを行うという観点から導入された制度であり、新製品の部品等にリサイクルとして再活用することを目的としています。また違法な回収業者によって廃棄された家電製品が不正な処理方法によって環境破壊をもたらしたり、海外へ横流しするなどの行為を防ぐためにもあります。そのためこれらの家電リサイクル法対象の商品を勝手にゴミとして捨てることは禁止されています。パソコン廃棄する手段として考えられるのが、パソコンを買い替えた際に家電店で買い取って貰う方法です。パソコン廃棄の処分費用は形状や大きさにもよりますが、3000円から5000円の範囲内とされています。普通に廃棄するのであれば上記の料金が発生しますが、買い替えとなれば購入してくれた家電店のサービスとして無料という形で引き取ってくれるケースが殆どです。ですので買い替えの際にかかるパソコン廃棄処分費用は考えなくても大丈夫でしょう。またパソコンリサイクル会社ですと、故障やメーカーに関係なく実質ただで処分してくれます。そのため、譲り受けたり、不要なパソコンを捨てられずに保管してある場合には、パソコンリサイクル会社で処分すると良いでしょう。このようにパソコン廃棄における負担はかからないことの方が多いので、安心して正規によるパソコン廃棄処理を行ってください。